囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

囲碁は好きですか?

黄竜士精錬科技杯第4戦!謝依旻VS李赫

どうも!こんにちは。みやれーです。


この記事では、4月10日に行われた第8回中国姜堰黄竜士精錬科技杯世界女子囲碁団体戦の第4戦をお送りします。


前回記事


第4戦にして早くも日本の女王謝依旻六段が登場しました。相手は2連勝中の中国代表李赫五段です。

謝依旻VS李赫

黒番 謝依旻。白番 李赫。

実戦途中図1


棋譜再生

黒の大ゲイマジマリに白1とツケました。よくある手段ですが、続く白3が珍しいでしょうか。以下白18まで、僕の勉強不足かもしれませんが、初めてみる形。新型が出来ました。

結果は、先手を取れた黒が有望な分かれだと思います。

参考図


棋譜再生

白は参考図白4とここをツイで打ちたかったような気がしますが、どうでしょうね。難しいですけど、李赫五段は黒がやれる戦いと見たのでしょうか。

実戦途中図2


棋譜再生

黒は穏やかに打つことも出来ましたが、戦いを選択。特に上図黒1とボウシし、白2に黒3と強行な攻めに行きました。白4から逃げられても、めげずに黒9へ。右辺を大きく構えて「入ってこい」と言っています。

このあたり謝六段ならではの豪快さです。善悪というよりは、これが謝さんのスタイルなのでしょう。

実戦途中図3


棋譜再生

予定通り右辺に入ってきてくれた白ですが、黒は上図黒1と、右上の白もあわよくば攻めようとしています。囲碁用語では「カラミ攻め」と言われる、2つ以上の石を同時に攻める有力な戦法です。

ただ白も眼形が豊富そうなので、上手くいくかどうか。

実戦途中図4


棋譜再生

実戦は上図白6で右辺が生きました。特にこれと言った成果を上げれていないので、黒はまだ攻めを狙いたいところ。上図黒7は勝負手で、星の石にモタレながら、本当の狙いは右上白への攻めです。

参考図


棋譜再生

右辺白が生きている事の補足。

眼を取るには黒2と一回逃げ、黒4へ回る必要があります。(右辺は白から打てば一眼ある)

しかしどうも黒の包囲網が薄く、白5からの脱出を止める術がありません。なので白生きです。

逆に言えば、黒の包囲網が強化されると白は死んでしまうという事なので、注意が必要です。

実戦途中図5


棋譜再生

前図の続き。黒1には用心して白2と一手入れました。

黒3と連打して、白16までそこそこの成果を上げましたが、この程度ではわかりやすく、地合い白リードのようです。

終局図


棋譜再生

その後黒は猛追しますが、及びませんでした。

白中押し勝ち。

まとめ

第4戦も李赫五段の勝利!3連勝を飾りました。


謝六段は残念な結果でしたが、チームメイトに後を託します。


勝った李赫五段は次の第5戦を、韓国代表の金多瑛三段と対局します。




最後まで読んで頂きありがとうございます!この記事がいいと思ったらポチッと応援よろしくお願いします↓m(_ _)m


囲碁ランキングへ

Twitterでブログの更新情報等を発信しています^ ^


オススメ記事