囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

囲碁は好きですか?

第74期本因坊戦挑戦手合七番勝負第二局!井山裕太VS河野臨

どうも!こんにちは。みやれーです。


5月22日、23日の二日間、山梨県甲府市山梨県立文学館」にて、第74期本因坊戦挑戦手合七番勝負第二局が行われました。今記事では封じ手以降の手順を振り返りますので、1日目の手順は前回記事よりご覧ください。


前回記事

井山裕太VS河野臨

1日目は右辺での戦いが印象的だった第二局。その戦いは黒の本因坊文裕(井山裕太)がポイントを上げたものの、中央の折衝で足踏みし、現局面では白の河野臨九段がやや優勢かという状況。封じ手は候補が多く難しい所でしたが、文裕はどこへ着手したのでしょうか。


黒番 本因坊文裕 白番 河野臨

封じ手

封じ手は黒1のツケでした。僕の予想はハズレましたね(^_^;)

実戦図1

黒1は包囲網脱出の手段ですが、ここで左辺を放置して白4に向かったのは面白い。善悪はわかりませんが、視野の広さを見せつけました。

実戦図2

白は右下の黒石にプレッシャーを与えつつ、遠く左辺の黒石も睨んでいる状況ですが、黒11までで黒が上手く切り抜けたでしょうか。白はそれほど得を出来ていません。
白12に戻って攻めを再開しました。

実戦図3

白2と出て黒を攻め立てますが、黒9が逃げながら左上白模様の消しも兼ねた好手で、黒に元気が出てきました。白2は悪手だったようです。
更に黒11が愚形で気付き難い手ですが、黒7と9の間を補強しつつ、次に白8の上へハネる手と、黒9の二路上へ飛ぶ手を見合いにしていて、シノギの妙手と言えます。現局面で最善の一手かもしれません。

参考図

白が攻める方向は白2が正しかったようです。これで左上の白模様が大きく優勢を維持していました。

「攻め」とは眼形を奪うことでも、石を封鎖することでもありません。「得をする」ことです。
眼形を奪って攻め、石を取れれば得になりますし、石を封鎖して、厚みを築けば得になります。攻める行為では必ず得をすることを前提に動かねばならず、それを忘れて損な攻めをしていては本末転倒です。もし弱い石を見つけた時は、「攻める」ことを目標とせず、「得する」ことを目標に動いていきたいですね。
河野九段はより厳しい手をという考えから実戦の進行を選んだのだと思いますが、結果白模様を消されて損をしてしまいました。

実戦図4

白3とノゾいた瞬間、黒4、6、8で凄まじい反撃。本因坊文裕はただシノぐだけでは飽き足らず、更に白模様を破壊しようとしています。生きを目指していても不満無い形勢なだけに危険ですが、これが文裕らしさでしょうか。

参考図

とても単調な図ですが、黒6が狙いです。

実戦図5

河野九段は打つ手に窮したか、白1をひねり出しました。この手は黒4に出られると白が裂かれた形なので、普通は悪い手です。しかし前述の黒の狙いから中央を助けつつ、左上も補強するにはこれしかないと決断したのでしょう。
この白1が文裕の闘志に油を注いだか、黒8と切って黒10と動き出しました。黒はシノぐ立場ですが、まるで攻めているかのような石の動き。黒のしていることはとても危険ですが、ここで勝負を決めようと腹を括ったようです。

参考図

ちなみに黒3から生きを目指せば黒が悪くない形勢だったようです。

実戦図6

黒2から準備をして黒10と出ていきました。黒16で渡れるため、黒18で白石が切れる弱点と、上辺の攻め合いとで、とても難しい戦いに発展しました。

実戦図7

実戦は白1が攻め合いの急所で、やはり難解です。ですが実戦は黒4から左下を脱出する手段を選んだため、白11で黒二子を制されて安心されました。この図ではどうも白優勢のようです。

参考図1

局面を整理します。まず黒は1から左下の脱出を完遂しなくてはいけません。この時少し左下隅の白石に生きがあるか不安ですが、白10が先手ということもあり心配ない。先手を得て白14に回れば上辺の攻め合いも勝っているので、地合いで白優勢という局面でした。

参考図2

黒4と打って攻め合いにした図も読む必要がありますが、左辺の黒石が6手以上に伸びることは無さそうで、中央の白石はどう詰めても8手以下にはならなさそう。攻め合いも黒が駄目だったようです。

参考図3

ですが黒4とこちらにツグ手が無かったでしょうか。白5と切られますが左辺は捨てて、黒8で上辺をセキにし、黒12と逃げ出せば白が困っているように見えます。

参考図4

白2には黒3で中央が取れます。

参考図5

白2で守ると黒5とカケて封鎖形。白の大石に生きが無いように思います。

参考図6

白2と守れば黒3と封鎖。白4と紛れを求めても、黒9が先手になるので問題無さそう。



以上の理由から、参考図3の黒4にツげば黒が有望だったのではないでしょうか?幾分難しい局面のため、僕にも読み抜けがあるかもしれませんが、今のところ実戦図7の黒2を敗着と仮定しておこうと思います。

実戦図8

白10完。白中押し勝ち。

白6で黒石が切れてしまったため、急な投了となりました。報道によると本因坊文裕のうっかりとのことですが、黒5を一路下に打って繋がっていても、形勢は白良しだったのではと思います。

※黒石がしっかりと繋がっていた場合、ヨセてみると黒1目半勝ちになりそうでした。形勢は黒良しだったと訂正します。

まとめ

本因坊戦第二局は挑戦者の河野臨九段の勝利!開幕2連勝で初の本因坊位へ向けて好スタートを切りました。

2日目以降は黒が押している時間が長かったようですが、最後の戦いで白が抜け出しました。大を成すに必要な運も味方につけ、流れははっきりと挑戦者に傾いたかと思います。

一方の文裕、開幕から2連敗とは本因坊戦七連覇の歴史上でも初の事件です。自身の記録を八へと伸ばし、二十五世本因坊治勲の持つ十連覇の最高記録を塗り替える為には、この第74期本因坊戦が最難関となるでしょうか。今後どう立て直しを図るのか注目です。



次の本因坊戦第三局は6月4日、5日に北海道函館市五稜郭箱館奉公所」にて行われます。





最後まで読んで頂きありがとうございます!この記事がいいと思ったらポチッと応援よろしくお願いします↓m(_ _)m


囲碁ランキングへ

Twitterでブログの更新情報等を発信しています^ ^


YouTubeチャンネルはこちら!