囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

囲碁は好きですか?

第14回朝日アマチュア囲碁名人戦富山県大会

どうも!こんにちは。みやれーです。



一ヶ月ほどブログ更新をお休みさせて頂いていましたが、少しづつ再開していこうかなと思います(*´∇`*)

今記事の内容は、僕が出場した朝日アマチュア囲碁名人戦富山県大会についてですが、その前に一つだけ報告させてください!


2019年5月2日のお昼頃、僕が動画投稿をしているYouTubeチャンネル「みやれー」が、チャンネル登録者1000人を突破致しました!

YouTubeチャンネルにおいてこの1000人というのはとても大切な数字となっておりまして、規定によると

  • チャンネル登録者が1000人以上
  • 過去一年間の視聴時間が4000時間以上


を満たすことで、YouTubeパートナープログラムへ参加させてもらうための審査を受けることが出来るとか。難しいことは割愛しますが、要するに、そのチャンネルの動画に広告等を載せて良いかどうかの審査ですね。

この審査に合格することで、初めて動画に広告がついて、広告収入を得ることが出来るのですが、この審査も5月7日に合格通知が届きました。なので現在「みやれー」の動画には全て広告が付いているはずです。

初めの収入なんて微々たるものでしょうが、気持ちとしては大きな喜びで溢れてます。他にも1000人を超えると使えるようになる機能(コミュニティ機能)もあって、そちらも興味があったので嬉しいです。まだ実装されていませんが、近々その機能も使えるようになるはず。


チャンネルを開設してちょうど一年。皆さまに支えて頂けてるお陰で、とても充実した囲碁生活を送れています。まだ目標へ続く小さなハードルを越えただけですが、記念の節目として、改めて感謝の気持ちを伝えたいと思います。


本当にありがとうございます!


長くなりましたが、そろそろ本題へ入りましょう。

朝日アマチュア囲碁名人戦富山県大会

5月6日月曜日。GW最終日のUターンラッシュで慌ただしい中、富山県では令和初の囲碁大会が開催されました。第14回朝日アマチュア囲碁名人戦です。

この大会は7月に東京で行われる全国大会の富山県代表を決める大会でもあるので、県内のトップアマ達も気合いの入りようが違います。

本当はもっと写真を撮りたかったのですが、名人戦で参加者20名。その直ぐ隣では「フレンズ碁」と言うイベントが行われていて、そちらの参加者が43名と、一つの会議室に中々の大人数が集まっておりまして、そこに向けてシャッターを切るのはどうにも躊躇われました(笑)

一番下に朝日新聞のデジタル版の記事へのリンクを貼っておくので、写真は少ないですが、そちらもぜひご覧ください。

みやれーの棋譜

今大会はリーグ戦で進行します。たとえ負けても4局打てることが保証されているので、初参加の方のハードルが低いのが良いですね。

大会結果は最後に述べるとして、ここでは僕の棋譜から面白いと思った場面を抜粋して載せていこうと思います。詳細な棋譜を知りたい方は、YouTubeチャンネルの方で棋譜を並べた生配信のアーカイブが残っているので、ぜひそちらをご覧ください。

↓生配信のアーカイブ
【配信】大会優勝したから棋譜並べる - YouTube


まずはこの棋譜から。僕の黒番です。右下でAI風の攻防を見せ、ひと段落ついたところ。大場はたくさん残っていますが、僕は左辺の白模様を割るのが大きいと見ました。

そこで黒1、3と内側からカカったものの、白も2、4とハサみ応戦。この辺りは左辺が大きいという意見が合致しているように見受けられます。

ここで小考後僕は黒5と打ち込みました。意味としては白2か4、どちらかの石に下ツケを打てれば満足という主張です。あまり見かけない攻防ですが、左辺が大きい場合はありえる趣向かなと思います。実戦はここから小競り合いが始まり、ややリードを奪った黒が押し切って勝利を掴みます。


僕の黒番。序盤から右上で退っ引きならぬ戦いが始まり、お互いに技の掛け合いが続いています。ここで黒の手番なため右上の白一団が危険に見えますが…。

黒1のアタリに白2と無視したのが好判断。白4まで危機を脱しました。次に黒は白二子を取れるので大優勢と見ていましたが、冷静に見ると二子の価値は小さく、やや黒が優勢でしょうが長期戦に持ち込まれました。お相手が上手かったです。

この対局はこの後、白の猛烈な頑張りから土俵際まで追い詰められるものの、際どく制して勝利しました。


これは目外し使いとの対戦。僕は二連星です。

黒1に白2と受けたのを見て、通常であれば下辺星辺りに構えるのでしょうが、黒3とツケて目一杯広げました。これは敢えて白6のワリウチを誘うことで、黒7から攻める標的を定めようという手。結果的にこの白6を攻めることで黒が主導権を握り、力勝負で優勢を築きました。終盤に僕の大ポカが出て、ひやりとしたもののなんとか勝利です。


今大会僕が唯一白番を引いた対局。お互いにがっちりと石を組み合ってヨセ勝負の様相を呈しています。

打つ手に困りましたが、白1から下辺に白地を作る展開を目指しました。黒は勝負時と見たのか、黒2、4と荒らしを目指します。が、白5が好手で不発気味。

白2から白6を決めたのが上手く、右辺の白石は先手で連絡形。白8へ回り、最大限に下辺を囲うことに成功しました。ここの折衝でリードを奪えたので白が勝ちです。


僕の黒番。左上で定石が完成しましたが、周りの状況を鑑みて少し工夫しました。

黒1がAI流のカタツキ。通常は左辺に打ち込むものかもしれませんが、続く黒3のカタツキから中央を広く志し、右辺、下辺、中央を黒の制空権と主張します。あまり真剣勝負には相応しくない危険な趣向だったかもしれませんが、一時非勢を感じたものの力で押し切りました。一つ反省することと言えば、黒13は右辺星下にヒラくべきだったような気がします。

大会結果

僕の全5局をハイライトでご覧頂きました。リーグ戦は4局だったのですが、全勝者が二人出たため決勝戦を行なっての5局です。

そして結果はありがたいことに優勝に頂き、富山県代表としてアマ名人戦の全国大会に参加することとなりました!

トロフィー

アマ名人戦の全国大会に参加するのはこれで4度目になるでしょうか。今までは2回戦突破を経験したことがないので、まずはそこを超えることを目標とし、最終的には全国優勝を目指したいですね。応援してくださる方々もいるので、その期待に応えるべく頑張ります!


全国大会もまた、良い結果をブログで報告出来ると良いですね^ ^



朝日新聞の記事
富山)宮岸さんが2連覇 朝日アマ囲碁名人戦県大会:朝日新聞デジタル


↓生配信のアーカイブ
【配信】大会優勝したから棋譜並べる - YouTube



最後まで読んで頂きありがとうございます!この記事がいいと思ったらポチッと応援よろしくお願いします↓m(_ _)m


囲碁ランキングへ

Twitterでブログの更新情報等を発信しています^ ^


YouTubeチャンネルはこちら!