囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

AlphaGo対AlphaZero棋譜10

こんにちは。みやれーです。


本局でAlphaGo対AlphaZeroの碁は前半戦を終えます。

AlphaGo最後の黒番。どんな碁になるでしょうか。


黒番AlphaGo。白番AlphaZero。

実戦図1

棋譜再生

本局は白10と高カカリしましたが、黒は手を抜いて黒11へ。黒が白10をハサんでいたらどう対応したのか、見せてほしいですね。

実戦図2

棋譜再生

上図白2と三々に入る手法を普通としたら、特段話す事もないくらいに普通の布石。隅で礼儀正しく定石が打たれています。

実戦図3

棋譜再生

左下隅も定石通りに進みました。よく見たら、四隅を白が取っていますね。
上図白14はシチョウの逃げ出しと白16を見合いにした手。結果的に、白が隅の黒数子を取り、黒が中央に厚みを築く分かれとなりました。
まだまだこれからの勝負ですが、個人的には白持ちです。

実戦図4

棋譜再生

上図白8と一度動き出してから白16の大場へ。中央は攻められないとの判断ですね。しかし黒も左辺から中央にかけて大きな地ができました。

実戦図5

棋譜再生

上図黒17といきなり力を出しました。なるほどの手筋です。

参考図1

棋譜再生

もし上図黒1に白2と抵抗すると、黒3が両ノゾキになって白が駄目です。白4で7の所へワリコミでも、黒5と切られて駄目です。

なので実戦図5とフリカワリになりました。確かに黒が得したようですが、白に抵抗のしようがないので、仕方がないです。

実戦図6

棋譜再生

しかし上図白2とは凄い手ですね。おそらく黒7への備えで打ったものと思われます。

参考図2

棋譜再生

単純に上図白12と渡ったとき、黒13の切りを防いでいる意味です。

ただ黒は実戦図6で、黒11と眼を取ってきました。正直難しくてよくわかりません。とりあえず、実戦はフリカワリとなりました。いい勝負のフリカワリです。

実戦図7

棋譜再生

後はヨセですね。
上図はあまり言う事がないので飛ばしていきます。

実戦図8

棋譜再生

最終手まで載せました。(白46まで)

白中押し勝ち。

細かい勝負ですが、白勝ちのようです。
最後は左上がコウになったので投了してますね。

この碁の驚きは、実戦図6、白2の逃げ出しです。素晴らしいヨミですし、最終的にはコウにする手も出来て、持ち込みにならずに済んでます。中々人には打てないてで、AIならではの発想と言えるかもしれません。

今回でAlphaGo対AlphaZeroの碁も折り返し、残りの10局はAlphaZeroが黒番です。
AlphaGoのデータでは、白番の方がコミが大きく有利らしいので、黒番で全敗したAlphaGoが一発入れて憂さ晴らし出来るかどうかですね。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ