囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

AlphaGo対AlphaZeroの棋譜

こんにちは。みやれーです。


インターネット囲碁対局サイト『野狐』にて中継されているAlphaZeroの対局を元に、棋譜を上げていこうと思います。

正直難し過ぎて、何をやっているのかわからないところもあるので、一応の感想は書きますが、解説としては拙いものかと思いますので、あらかじめご了承ください。


黒番AlphaGo。白番AlphaZero。

実戦図1

棋譜再生

AlphaGoの対局は全て中国ルールで行われています。

早速白6が今までの常識では考えられなかった手。場合の手としては打たれていましたが、序盤早々は珍しい。
また、白16も目新しい応手。軽く打とうとの意図かと思われますが、おそらく前例の無い一手です。

実戦図2

棋譜再生

上図白2は狙いの一着。白4からは人間なら気合いの応酬と表現するところですが、AIに気合いはあるのでしょうか。
白10はMasterが打ち出し流行した手法ですが、AlphaZeroも使いました。
この場合、右上の白へ両ガカリする手が気になりますが、実戦図2だと上辺の黒がスソ空きで、両ガカリの価値が低くなっているため、白20と左辺へ先着しやすくなっています。
このあたりは白上手いと感じました。

実戦図3

棋譜再生

上図黒1の三々に対し、白2~10と対応したのは新しい手法。多少つらい格好ですが、しっかりと根拠を持ちました。
また、右上も軽く見て白18と左辺へ打ったのも機敏で、面白い打ち方です。

実戦図4

棋譜再生

上図白2と左辺を囲い切り、黒は上辺を囲いました。
形勢は、僕は左辺にぽつんと置いてきぼりの黒石が辛そうで、白がやや優勢かと思いますが、どうでしょう?

中央の争いはよくわかりません。

実戦図5

棋譜再生

このあたりは小競り合いが続いていますが、中央黒模様を白が消せて、白が打ちやすいでしょう。

実戦図6

棋譜再生

上図白4はほとんど勝ちました宣言の手でしょう。
黒も左辺に手をつけてますが、中々ダメージはありません。

実戦図7

棋譜再生

左辺の黒はたくさん取られたようですが、実は上手くヨセています。
左下でコウが始まりました。昔はAIの弱点はコウだと言われていましたが、最近のAIは皆克服していますね。

実戦図8

棋譜再生

左下のコウは黒が勝ちました。しかし形勢は白勝勢です。

実戦図9

棋譜再生

最終手まで載せました。(白36まで)

白中押し勝ち。

この最終盤でコウが起きたり、変化がありましたが、結果変わらず白勝ち。
AlphaGo恒例、終盤の謎のぐだつきがあるのは、AlphaZeroも同じのようです。

結果的に、左辺の大場を白が連打出来たのが大きかったように思います。

全体的に見ても、一から自己学習したAIとはとても思えず、上手い打ち手だなぁといった印象。
僕の力では、今までのAlphaGoとどれくらい違うのかわかりません。
世界のトッププロ棋士達がどんな反応を見せるのかが楽しみです。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ