囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

努力の方法は一つじゃない

こんにちは。みやれーです。


人には皆それぞれ、自分が目指しているものがあると思います。

それは[夢]かもしれないし、[理想]でもいいし、[目標]と言う人もいるでしょう。

ミュージシャンになりたいとか、漫画家になりたいとか、結婚したいとかダイエットしたいとか。

それの大小は関係なく、広く一括りにした[目指しているもの]です。


例えば、僕が何かを[目指している]ならば、それに近い結果が欲しい訳で、そのためには少なからずの努力が必要になります。

目指している自分になるための努力です。

ならば問題になるのは、どういう努力をすればいいか。ですね。


じゃあ仮に、僕が目指しているものが[かっこ良くなりたい]だとします。

かっこ良くなるための努力って何でしょう?
髪型でしょうか。ファッションでしょうか。それとももっと内面的な、生き方を学ぶべきでしょうか。

しかし実は、上記のような何かをする努力方法ってとても不安定で、続かない人はとことん続きません。

それには理由があって、何かをする努力方法とは、目標を一つバンッ!と立ててそこに向かって走っていく努力方法なので、目標を立てる場所を間違えるとめちゃめちゃ辛くなったり、めちゃめちゃ簡単になったりして、長続きしづらいのです。


そこで、上手に努力するテクニックとして、何かをやめる努力方法があります。


想像しやすいのは、一時期流行った糖質制限ダイエットでしょうか。
糖質さえ食べなければ好きなだけ食べていいという、あれです。

かっこ良さで言えば、何がかっこ悪いのかを考えます。

僕が思うかっこ悪さは、お金にケチとか、嘘を付くとかだと思っているのですけど(個人的な意見です)、かっこ良くなりたいのであれば、各々が思うかっこ悪い事を金輪際やめてしまえば、自然と自分が求めているかっこ良さに近づくはずです。


これはどんな事にでも当てはまると思うのですけど、やりたい事があるなら、それの正反対の事を勉強すべきじゃないかな。

個性的で独特な事がしたいと思っても、まず正反対の基本がしっかりしていなければ、そもそもどこからが独特なのかもわかりません。


もしも努力することにつまずいている人がいるなら、何かをやめる努力を検討してみてはいかがでしょうか。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ