囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

頑張ってきた自分を信用する

こんにちは。みやれーです。


勝負するにあたって一番大事な要素って何でしょう。

僕は勝てる勝負を勝つ力だと思います。

一見当たり前の事を言っているように見えますが、実は最後まで勝ち切るのはとても難しいことです。

人は勝てそうだと感じると、急に気持ちが守りに入りたがります。今のリードを守り切る事に意識がいってしまうのですね。

しかしこの精神状態こそが一番危険で、逆転劇が起こる最大の要因です。

考えてみれば、今のリードは自分の力でつかみ取ったリードなのですから、そのままの自分で勝負してなんら問題ないはずなのに、リードを守るために今までの自分を引っ込めて、調子が未知数の新しい自分を引っ張り出してくるなんて、完全に謎行為です。

例えるなら終盤までノーヒットノーランだったピッチャーを交代させるようなもの。
監督さん・・・。もっとピッチャーを信用してあげて下さいよ。


そう、信用です。


気持ちが守りに入ってしまう原因は自分に対する信用の無さにあります。

せっかくリード出来たけれど、逆転されてしまうかもしれない。なんとか守らないと・・・。
負ける人の精神状態を言葉にすると、こんな感じです。

逆に勝てる勝負を勝つ人は守ろうなんて考えません。自分の力がちゃんと発揮出来れば勝てる。一勝負を通してこのスタンスが崩れないのです。

やはりその根底にあるのは、自分への信用に他なりません。


勝負中は一瞬たりとも自分を疑ってはいけないのです。そんなに疑いたいなら勝負が終わってからいくらでも悩めばいい。

今まで頑張ってきた自分を信用する。
それだけで勝ちはグッと近くなります。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ