囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

個性を見つける方法

こんにちは。みやれーです。


今の時代は、全てをオールマイティにこなせる人より、一つの事では誰にも負けないという、尖った人が求められているようです。

そのせいでしょうか。個性が欲しいと悩む人が多く見られます。

人はそれぞれ好きな音楽があるし、好きな絵があるし、好きな人がいますが、それを好きである理由は、それにしか無いものを見つけたからですよね。つまり個性を好きになってます。


じゃあ個性ってなんでしょう?


個性は言い換えれば、他人との違いです。
しかし違いといっても、僕とあなたが違うのは当たり前で、逆に僕と同じ人を探す方が至難の業。

本来人は産まれながらにして個性を持っていて、生きている限り自然と出てくるはずです。

だから僕らが悩むべきは個性をどう出すかではなく、どうやって自分の個性を見つけるか。

では、自分の個性を見つけるその方法は?


僕が思う答えは、人と同じ努力をする事です。


誤解されないように言うならば、これは人マネをしろと言っているのではなく、あえて人と違う努力をする必要はないと言っています。

仮に二人が全く同じ努力をした場合、それは全く同じ結果になるのではなく、その二人の違いだけ、結果に違いが出ます。
そしてその違いは、優劣ではなく個人差の範囲だと思います。

それを人は個性と呼ぶのではないか。

影を見つけるために光を当てるように、個性を見つけるためには奇をてらわない努力が必要になるのではないでしょうか?


個性のない人は絶対にいない。
これは確定事項ですから、あとは自分を信じ切れるかどうかです。