囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

集中力とは休む能力

こんにちは。みやれーです。

囲碁をしていると、集中力があると言われる事があります。

しかし世間のイメージほど、碁打ちの集中力は高くありません。

同じ人なのですから、囲碁を打つか打たないかくらいでは、劇的な差は生まれないです。

ただ、集中力のコントロールが上手くなります。

仮に、人が全力で集中出来る時間が10分だとします。
普通であれば10分集中して終りますが、コントロール出来る人は、5分経てば休んで、3分経てば休んで、集中力に波をつけます。そうする事で、10分より長く集中力を維持出来ますから。

無理をすれば、その分ミスが出やすくなる事を囲碁で知ります。なので自然とそういう能力が付いてくるのでしょう。


集中力とはある意味、休む能力でもあります。


自分の集中力をちゃんと理解し、自分の能力を最大に引き出すために、いつ休むのか。

僕が囲碁から教えて貰った事の一つです。