囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

感動した一局

こんにちは。みやれーです。

今回は僕が感動した一局を紹介します。

この碁は僕が子供の頃に出会い、こんなに自由に打ってもいいのか!と感動した碁です。

黒番は小杉丁。白番は呉清源


棋譜再生

黒の5手目も奇抜ですが、それに対し白の8、10、12手目!常識を超えた発想です。
この自由な打ち方は本当に衝撃でした。


棋譜再生

白は一貫して中央の黒石をふんわり包みにいきます。
ここまでは黒も相手の作戦に受けて立っている感じでしょうか。


棋譜再生

上図の黒1が疑問で、一路右へ打つべきでした。実戦は黒がやや窮屈で、黒7、9と一手掛けるようでは辛かった。


棋譜再生

また、上図白2が上手く、黒21までで白優勢です


棋譜再生

最終手まで載せました。(白92まで)
白中押し勝ち。

奇想天外な布石でしたが、白の完勝です。
この碁を並べる度に、囲碁は本当に自由なゲームだなぁと思い知らされます。

布石だけでもいいので、ぜひ一度碁盤に並べて見てください!