囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

13路盤でも使える定石 星編

こんにちは。みやれーです。


最近の囲碁界は13路盤が熱いですね。無料アプリでも13路盤は人気ですし、19路盤より狭いぶん、短い時間で一局打ち終えれます。
13路盤はお手軽に囲碁を楽しむのに最適と言えますね。

しかし、公式戦では19路盤が使われいるということもあり、19路盤を題材に解説しているものが多く、「13路ってどう打つんだ?」と首を傾げる方も多いのではないでしょうか?

なので今回は、13路盤ですぐ使える星の定石を紹介していこうと思います。

星の特長

星の位置

棋譜再生

上図黒1~白4。全て星ですね。
星は一番近い隅から数えて、縦に四つ横に四つ進んだ場所にあり、中央に近いのが特長です。

星の定石1


棋譜再生

オススメ度☆☆☆

上図は星の定石の中でも一番わかりやすくオススメ。黒白ともに中々攻められない形で、地も同じくらい。互角の定石です。

星の定石2


棋譜再生

オススメ度☆

上図の定石は、囲碁で初心者が一番最初に覚える定石と言っていも良い定石ですが、13路盤ではオススメ度低めです。
それは19路盤と違い、隅同士が近すぎる事に由来します。

参考図

棋譜再生

例えば上図で見てみると、黒1~5は定石の手順ですが、右下隅の星と、黒5が近すぎてバランスが悪くなってしまいます。

このように、星の定石2は周りの配石によって悪くなることが多いので、オススメ度低め。それと比べると星の定石1の方が使い安いと思います。

星の定石3


棋譜再生

オススメ度☆☆

上図はわかりやすく、黒白ともに形がしっかりしていてオススメ。
ですが、今後戦いが起こりにくい定石でもありますので、「戦いが得意」、「戦いが好き」という方には不向きかもしれません。

星の定石4


棋譜再生

オススメ度☆☆

星の定石3と似て、上図もオススメ。
星の定石3との違いは、白は地が増えて、黒は模様が大きくなっています。

星の定石5


棋譜再生

オススメ度☆☆☆

上図は黒の地対白の厚みとはっきりしています。地が好きな人は黒で打つのがオススメ。ですが白の厚みも相当なもので、不満はありません。互角です。

補足としては、白4の上に断点が残ってますよね。後々黒から切る手が意外と厳しいので、そこで戦いが起きる可能性があります。

星の定石6


棋譜再生

オススメ度☆

上図はあまりオススメではありません。というのも、後々の戦いが難しすぎるのです。右上隅がまだまだ黒地では無い事と、白の構えも打ち込まれたらどう対応するのか。難しい戦いになりそうです。

もちろん、その戦いが問題ない方は使って良いと思います。

星の定石7


棋譜再生

オススメ度☆

黒3のハサミは19路では立派な定石ですが、13路ではオススメ出来ません。
白4と入られると、隅の白地も大きいし、黒に出来た厚みを活かす場所があまりないのです。

星の定石8


棋譜再生

オススメ度☆

また、白4と飛ばれていても黒が危険です。白6で周りの状況によっては、黒3がそのまま飲み込まれてしまいます。

星の定石9


棋譜再生

オススメ度☆☆☆

最後は黒の星に、白2と三々に入った場合です。黒の厚み対白の地の定石になります。
基本的には黒の厚みが右辺、上辺、中央全てに睨みを利かしていて、黒が勝ると思ってもらって良いです。
ただ最近は白2の三々入りが流行りなので、黒の対応策として紹介しました。上図のように無難に打っておきましょう。

まとめ

今回は13路盤でも使える星の定石を紹介しました。
星の定石2のように、19路盤では定石とされてる手でも、13路では使いにくい定石があるので、気をつけて使ってください。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

Twitterもやってます。

みやれー (@miyare15suki) | Twitter

棋士の独創的な一手集 昭和後期編

こんにちは。みやれーです。


前回に続き、棋士の独創的な一手昭和後期編です。

人はそれぞれ別々の感性を持っています。囲碁はそのゲーム性から、その人の感性が盤上によく現れ、人として面白ければ面白いほど、比例して碁の内容も面白くなるのです。

なら例えば、僕が面白い碁を打ちたいと思うなら、面白い人になったり、面白い人生を送れば、そういう碁が打てるようになるのですかね?

藤沢秀行

藤沢秀行さんは囲碁界でも特に破天荒な棋士です。お酒は大好きだしギャンブル好きだし、数々のエピソードは有名ですよね。
盤上でも結構破天荒な所があって、いろんな工夫を試されています。

黒番藤沢秀行

棋譜再生

黒15のぶつかりは凄い手ですね。この体当たり感がいかにも秀行さんらしい、中々マネ出来ない手です。

武宮正樹

武宮さんは他に類を見ない模様思考なため、独創的な一手が多い棋士でもあります。

黒番武宮正樹

棋譜再生

武宮さんが若い頃の一局。黒13の位置も独特ですが、黒19の飛びも凄い。碁盤を大きく使った大模様の完成です。

趙治勲

趙治勲さんは結構気合いを重視される棋士なので、派手な展開になることが多い。また、武宮さんとは真逆で地に辛い棋風です。

黒番趙治勲

棋譜再生

黒15は右辺へ打つのが普通ですが、治勲さんはあえて上辺へ。白16が強烈な抑えなのですが、黒19と三々に入り、徹底的に地を取る構え。とても治勲さんらしい碁だと思います。


まとめ

前回今回と合わせて、紹介したのはほんの一部ですが、やはり囲碁は自由なのが良い。他の誰でもない、その人が打つから産まれる棋譜があるのですね。

あなたが打つ碁は僕には打てないし、逆もそうです。マネをしようとしても出来るものではないです。

もしマネをするなら、本家を超えるくらい徹底的に。それが出来ないなら、自分の持ってるものをしっかり見てやらないといけないなと、最近思いました。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

Twitterもやってます。

みやれー (@miyare15suki) | Twitter

AIにも真似出来ない?棋士の独創的な一手集 昭和前期編

こんにちは。みやれーです。


つい先日、AlphaGoを開発したDeepMind社が、囲碁の学習ツールとして『AlphaGoTeach』というものを発表しました。
これは、一手ごとにAlphaGoが考えている評価値を見せてくれたりだとか、布石ごとにAlphaGoならこう打つ。棋士だとデータ的にこう打つ。みたいな、言わばAlphaGoの頭の中をのぞき見させてくれるようなツールです。

もちろんとても話題となり、僕も発表当時は胸が高鳴りましたが、実際触ってみての印象は、言うほど勉強にはならないなといった感じです。

何が不満だったかと言えば、評価値を見せてくれている割には、検討出来る幅が狭すぎるのですよ。AlphaGoの考えている手しか検討が出来ないから、こう打ったらどう返してくるのか?みたいな自分なりの検討が出来ない。そこがとても不満です。

なのでAlphaGoTeachは、常識的な布石をAlphaGoが評価してくれた。みたいな感じですね。


今さら言う事ではないですが、現代のAIはとても強いです。世界のトップ棋士でも勝てないかもしれないといった状況。
そんなAIが、良い手か悪い手かを数字で出して来る時代に入った訳ですから、その変化とともに、勝つことの『価値』も変わってくるのではと思うのです。

つまり、良い手だけを打ち続けて勝って、囲碁ファンは喜ぶのか。勝てば官軍の時代は終わるのではないか。

例え悪い手でも、例え負けても、その人だから打てる独創的な一手囲碁ファンは求める時代がくるのではないか。


そういう考えに至ったため、今回は棋士の独創的な一手を集めようと思います。

以前、古碁の楽しみ方という記事で似たような事をやっていて、その時は江戸時代~明治時代までの棋士を紹介しているので、今回は昭和前期編として、棋士の独創的な一手を紹介します。

鈴木越雄

僕がどうしても紹介したいのがこの人。鈴木越雄さんの中央思考は目を見張るものがあります。

黒番鈴木越雄

棋譜再生

黒5が凄くないですか?これこそ善悪を超えた独創的な一手。始めてこの棋譜に出会った時は本当に感動しました。
総譜も紹介しているのでそちらもどうぞ。

呉清源

言わずと知れた大棋士ですね。新布石発表当初の棋譜です。

白番呉清源

棋譜再生

自由という言葉がこれほど似合う棋譜も中々ありません。見ているだけで楽しくなってきませんか?
総譜も紹介しています。当ブログの『感動の一局』カテゴリーで一番最初に紹介しました。

木谷実

おそらく僕が最も影響を受けた棋士です。棋士になってから二度も三度も棋風が変わった珍しい人ですが、僕が好きなのは1956年に病気から復帰して以降の、岩のように硬い打ち方です。

黒番木谷実

棋譜再生

黒7のぶつかり。木谷さん以外に打つ人を見たことがありません。悪いと一蹴されても反論できませんが、これが木谷さんの独創性なのです。

梶原武雄

石の形や効率に特にこだわり、独創的な手を数多く残した梶原武雄さんです。

黒番梶原武雄

棋譜再生

黒13のボウシ。良い手か悪い手かなんてわかりませんが、それでいいのです。

田中不二男

鬼才田中不二男。ウルトラ新布石と呼ばれた独特な布石を打ちます。

黒番田中不二男

棋譜再生

盤上を横一線に切った布石。名前をつけるなら、中央三連星といった所でしょうか。

まとめ

布石とは何をしてもよい分野です。本来はなんの制限もないはずなのです。
しかし良い悪いばかりに囚われていると、本来自由なはずの布石が、狭く単純なものに感じてしまいます。

だからこそ、強い人が積極的にもっともっと広い世界を見せて、囲碁ファンにもっと楽しんで貰う必要があると思います。

というか、そういうのが求められる時代になると思います。

僕も自由が好きで囲碁をやっている身ですから、微々たる力ながら、囲碁の自由さを発信できたらなと思います。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

Twitterもやってます。

みやれー (@miyare15suki) | Twitter

Master対AlphaGoZeroの棋譜4

こんにちは。みやれーです。


本局の布石は両者の二局目と同じです。人によってはつまらないと言われても仕方ないですが、同じ布石だからこそ、どの手を良い手だと見ていて、どの手を変えたのかを見れるので、面白いです。


黒番Master。白番AlphaGoZero。

実戦図1

棋譜再生

白16までは二局目と同じ布石。本局は黒17と三々に入りました。
面白いなと思ったのが白24の位置。これは二局目の白18と同じ位置であり、不思議な位置と言った手です。本局でもここへ打ったのを見ると、やはり左辺との兼ね合いでこの位置が良いとZeroは判断しているのでしょう。

実戦図2

棋譜再生

空中戦が続いています。こういうふんわりとした手は感覚的なもので、理解するのが難しい。それに良い手なのかどうかの判断も難しいので、理解しようとするより、鑑賞するくらいの気持ちで見た方が良いかもしれません。
黒13は一つの急所。ここに入られると中々取れません。なので、白も18から力を出してきました。戦いが始まりそうです。

実戦図3

棋譜再生

上図黒1は手筋。白は中央に断点があるので、反発出来ないのです。
とにかく左辺黒のシノギが焦点ですが、結果的にはコウになりました。難しいですが、無条件活きはなさそうです。

実戦図4

棋譜再生

黒は上図白8のコウダテには受けず、左下隅を捨てるフリカワリを選びました。一段落ですね。
形勢ですが、多少白良いのではと思います。というのも、実はこの戦いでは地の損得が無かったのですけど、上辺黒の構えが少し薄くなっているのですね。黒はその薄みをカバーするために頑張りを要する局面かですので、多少白が良いと思うのです。

実戦図5

棋譜再生

上図白6と打ち込んできました。見た目は黒が怖い局面です。
黒7からは定石化された手順。周りに石が接近しているので、変化の可能性もありましたが、普通に進みました。
白16は右上のシチョウアタリも兼ねているので、黒17の反発は仕方ない所かもしれません。
黒29まで、一種のフリカワリですね。上辺の黒模様は、黒11の左へハサミツケる手が残っているので、差ほど大きくはありません。

実戦図6

棋譜再生

だいぶ局面が煮詰まってきました。油断してはいけないのが左上全体の白の眼です。それだけ気を付ければ後は大ヨセです。

実戦図7

棋譜再生

Zeroってしっかりやればヨセが上手いのですよね。上図白28を打ってから白30は面白い手順です。

実戦図8

棋譜再生

形勢ははっきり白が良いようです。大体盤面で良い勝負くらいでしょうか。コミが出ません。

実戦図9

棋譜再生

最終手まで載せました。(白66まで)

白中押し勝ち。

最後黒13が手筋でコウとなり、フリカワリが起きましたが、勝敗に関係はありません。


この碁はやはり、左辺で起きた戦いで白がリードを取り、そのまま逃げ切ったのでしょう。黒模様だったはずの上辺で、黒が苦しい戦いを強いられたのが辛かったです。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

Twitterもやってます。

みやれー (@miyare15suki) | Twitter

三ヶ月経ちました!いつもありがとう!

こんにちは。みやれーです。


12月13日をもちまして、当ブログが初投稿から三ヶ月が経ちました。

早いもので、もう三ヶ月なんですね。ブログ更新も慣れたものです(笑)。

毎月13日(ブログの初投稿日)はこういう記事を上げようと決めていたのですけど、実は三ヶ月経つ事に気付いたのが昨日の夜でして(笑)、忘れそうになっていた自分に驚きました。

一応これからも毎月13日に上げていくので、当ブログ『囲碁は好きですか?』の成長を見守って頂けたらと思います。


この三ヶ月で、

投稿数137
総アクセス数5171
はてなスター数61
総ブックマーク数0
読者数1
人気ブログランキング囲碁カテゴリー8位


いつも見に来てくれて本当にありがとう!
これからも続けていくので、ふらっと見に来てくれたら嬉しいです。





この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

Twitterもやってます。

みやれー (@miyare15suki) | Twitter

張栩 二つのコウで優勢を築く

こんにちは。みやれーです。


僕が囲碁を本格的に始めた頃、囲碁界は 張栩九段の天下でした。
五冠王を始め、七大タイトルグランドスラム達成。世界戦優勝など、僕にとって大スターでした。

今でもその憧れが強くて、好きな棋士は?と聞かれたら、張栩九段と答えています。その度に、「棋風が似てないね」なんて言われますが、好きだから棋風が似るとは限りませんよ。

なにより張栩九段は対局に向かう姿勢がかっこいいのですよね。圧倒的な勝ちへの執着といいますか、自分の目指す所へ真っ直ぐ向かっている姿がかっこいいです。

これは同じ時代を生きているからこそ知れる事で、昔の人だと記録でしか知る事が出来ません。ですから、僕が張栩九段と同時代を生きれている事は、本当に幸せだなと感じています。

今回はそんな張栩九段の十八番、『コウ』を巧みに使い優勢を築く名局です。


黒番張栩。白番山下敬吾

実戦図1

棋譜再生

黒3手目のカカリは、一時期張栩九段が愛用した手法。受けてくれれば空き隅へ。白4と手抜きなら両ガカリします。
白14では、先に白18とカケるのもありました。白14~黒17までを交換してからでは、100%黒19と出切ってくるので、難戦になる可能が高いです。
実戦は黒23、25と工夫した事により、あまり見ない分かれとなりました。互角でしょう。

実戦図2

棋譜再生

上図白2はこう打ちたい所。右辺は黒が厚い所なので、更に厚くさせても、隅の白が強くなっている利点の方が大きく、不満がないのです。
逆に黒としては、言いなりになるのは辛いので、どこかで工夫が必要になります。そこで打たれたのが黒17。これが素晴らしい手でした。

実戦図3

棋譜再生

当然上図白2とコウを取ってきますが、それにも無視して黒3。つまり黒はこのコウを争いつつ、なんならコウに負けても良いと考えているのです。すでに右上の黒は二子取って厚い形、攻められる心配はありませんから、このコウは地だけの問題で、大きくないと考えているのですね。
結果的にもコウは白が勝ち、黒は21、23と連打しました。このフリカワリは黒が悪くないです。

実戦図4

棋譜再生

上図白2から隅を活きないといけないのが辛い所。
黒7に白が受けなかったのはちょっとよくわかりません。何も触らない方がマギレが多いと見たのでしょうか。
黒13は面白い着点ですね。コウの匂いがしてきました。

実戦図5

棋譜再生

上図白2と準備してから白4とコウを仕掛けました。
このコウは右下のコウと違って、黒は絶対に負けてはいけないコウです。なので白14には受けず、コウを解消。フリカワリとなりました。
白の連打も大きいですが、黒17で左上はほぼ黒地。流石に大きいので、黒優勢と言って良いでしょう。

実戦図6

棋譜再生

黒9から下辺を割って順調です。
白22と上辺を消しにきましたが、反発して黒23へ。ちょっと変化しました。

実戦図7

棋譜再生

上図黒3、白4のタイミングで、黒5が鋭い踏み込み。白は反発出来ないようです。
黒は確実に地を稼いでいますが、中央がなんとなく白っぽくなってきました。白が中央にどれだけ地をつけれるかの勝負になりそうです。

実戦図8

棋譜再生

上図白12がどうだったか。一路上へ打っている方が難しかったようです。実戦は黒13から中央を荒らされて、黒がはっきり優勢となりました。

実戦図9

棋譜再生

白がヨセで頑張っている事もあって、少し差は縮まったようですが、黒勝ちは変わりないです。

実戦図10

棋譜再生

最終手まで載せました。(白46まで)

黒1目半勝ち。


本局はやはり二つのコウが見所でした。
二つのコウといっても、実は全然戦い方が違うコウで、右下のコウは黒にとって負けても良いコウで、どこでコウダテをするか考えるコウでした。
左上のコウは黒が負けてはいけないコウで、逆にどこに白の連打を許すかを考えるコウでした。

コウはやはり難しいですか、流石張栩九段は両方を上手く戦い抜き、優勢を掴みました。

この華麗さと強さは張栩九段ならではのもので、真似しようとして出来るものではありません。やはり世界一を経験している張栩九段ですから、自分にしか打てない碁を作り上げているのですね。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

Twitterもやってます。

みやれー (@miyare15suki) | Twitter

AI竜星戦決勝 DeepZenGo対絶芸戦感想

こんにちは。みやれーです。


12月10日日曜日。囲碁AIの頂点を決めるAI竜星戦の決勝戦が行われました。
AlphaGoは不参加ですが、日本のDeepZenGoや、中国の絶芸など強いAIも参加し、盛り上がりました。

9日土曜日に予選リーグを行い、枠抜けしたベスト16から改めてトーナメント戦。そこで勝ち上がり決勝戦に進んだのは、DeepZenGoと絶芸でした。

下馬評通りの決勝と言えますね。

今回はその決勝の碁を見ていきたいと思います。


黒番DeepZenGo。白番絶芸。

実戦図1

棋譜再生

DeepZenGoはここ一年くらい、黒番が当たると『ミニ中国流』を好んで打ちます。また上図白6とミニ中国流を防がれた布石もたくさん打っている印象です。
黒15のコスミは下辺へ二間ビラキに打つ手もありました。

実戦図2

棋譜再生

上図が問題の局面。
黒5が重大な手順前後。黒5と白6を変わってから黒7とノビたせいで、白8の切りが強烈になってしまいました。なので、黒5で正確には、黒7、白14、黒5、白6と進むはずで、難しい勝負です。
実戦は白が良いと思います。

実戦図3

棋譜再生

上図白2と右下隅を重視したことで、黒3から大模様を広げる展開となりました。
白10から左辺を割に行くと、今度は黒15から上辺を黒模様にします。このあたりの碁の動かし方はZenの上手い所ですね。

実戦図4

棋譜再生

上図黒11、13と模様を更に大きくして、白はどこから消しにいくのかなと思ったら、右上隅白14のハネ出しと直接的に仕掛けました。
碁は最初の勝負所を迎えます。

実戦図5

棋譜再生

白2から絶芸の動きがとても鮮やかで、まさに絶妙な芸を見せてくれます。
まず白6の場所が絶妙。黒の打つ手が難しいです。黒7と頭を止めても、白12が厳しく、白26までとなって立派にサバキました。
ただ、まだ黒も中央が広いので、形勢がはっきりした訳ではありません。

実戦図6

棋譜再生

上図白6から味付けです。読みの問題で難しいですけど、結果的に白22、24、26と右下を大きくまとめる事に成功。白が上手くやりましたね。

実戦図7

棋譜再生

上図黒1、3から左辺白を攻めにきました。もちろん死ねば黒勝ちです。
僕だと生きれるか結構自信ないですが、絶芸は白26まで上手く逃げ出しました。
ですがここで黒27が手筋。実はこれで隅の白石は死んでいます。

実戦図8

棋譜再生

上図白2には黒3で死に。これは大収穫ですが、それまでのリードが大きかったようで、碁は白勝ちです。

実戦図9

棋譜再生

最終手まで載せました。(白80まで)

白中押し勝ち。

投了しましたが、ちゃんとヨセても盤面黒少し勝ち、コミが出ない程度です。


内容は、ほぼ白が完勝といってもいいのではないでしょうか。悪くなった瞬間がなかったと思います。

僕が一番印象的だったのは右上隅から始まった戦い。白の打ち回しが素晴らしく、黒に付け入る隙を与えませんでした。名前の通り絶妙な芸。とても勉強になりました。

DeepZenGoにとって残念な結果となってしまいましたが、良いライバルがいるのはありがたい事です。絶芸と切磋琢磨して、これからも素晴らしい碁を見せてほしいですね。

お疲れ様でした。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

Twitterもやってます。

みやれー (@miyare15suki) | Twitter