囲碁は好きですか?

あなたに囲碁を好きになってもらうために、囲碁の面白さを伝えていくブログです。

囲碁AIはプロ棋士の仕事を奪うのか

こんにちは。みやれーです。


近年は人工知能の進歩によって、便利さが増すと同時に、職業の寿命を考える世の中となりました。

ソフトバンクのペッパー君を見ても、いずれ接客業は人間の仕事ではなくなるのではないかと予想されます。

AIではないですが、自動運転も凄い技術ですよね。将来運転手という仕事もなくなるでしょう。


じゃあ、囲碁棋士はどうなると思いますか?


AlphaGoから始まった囲碁AI革命で、世界のトップ棋士相手に互角以上に戦えるAIがいくつも出てきました。

時間を掛ければもっともっと出てくるでしょうね。

つまり、囲碁棋士が持っていた「強さ」がAIに追い抜かれた訳です。

これにより、囲碁棋士という職業がなくなるのか。


僕の答えはNOです。


それを証明するために、囲碁棋士が存在する理由を考えてみます。

囲碁の持つ魅力

囲碁はとても長い間人々に楽しまれてきました。

何千年単位での歴史を持ち、江戸幕府とともにプロ棋士が誕生。その後戦争や文明開化の波にも負けず、今日まで囲碁は人々の娯楽となっています。

これからはともかく、これまで囲碁は必要とされてきました。

その要因としては、

・ゲームそのものの面白さ
・碁盤と碁石があれば台風が列島を直撃しても遊べる
・年齢や性別も関係ない
・二人以上で遊ぶゲーム

が上げられます。

その中でも特に大事なのは、二人以上で遊ぶゲームである事です。

アナログな囲碁がウケる理由

基本囲碁は一人で遊ぶ事は出来ません。(勉強は一人でも出来る)。

なので、囲碁をするためには最低二人以上が同じ場所に集まる必要があります。(ネット対局の場合も同じで、場所がインターネットになっただけ)


つまり、囲碁には人を集める力があります。
そして人が集まれば自然とコミュニティーが生まれます。


囲碁に限らず、二人以上で出来るゲームの利点はここにあって、ゲーム上にコミュニケーションという付加価値が付く事で、そのゲームの面白さが倍になっていきます。

しかもそれが頭で考えるゲームであればあるほど、コミュニケーションが活気づきます。(人の頭の中を覗いた気分になって面白いのです。)

また、年齢性別関係なく遊べるのもここに掛け算されます。
単純に競技人口が多ければ、コミュニティーも多いという理屈ですから。

何故囲碁棋士が無くならないのか

囲碁に魅力があれば、熱中する人が出てきて、強い人が出てくるのは自然な話。
囲碁の場合、直接対決して勝敗が決まりますから、強い人がより明確です。

そういう強い人がプロ棋士になるわけですが、強い=プロというのは少々雑な説明。


プロ棋士には囲碁ファンのお客様がいて、出資してくれるスポンサーの方がいる事で、始めて成り立つ職業であり、その方々の支えがなければ存在出来ない職業です。


ならば囲碁棋士とは、囲碁ファンの要望に応える仕事といえます。


勝つ事を求める人もいれば、面白い内容の碁を求める人もいて、自分に碁を教えてくれという人もいます。

囲碁棋士に求めるものは人それぞれですが、囲碁というゲームの本質がコミュニケーションである以上、囲碁棋士に求められるのも総じてコミュニケーションです。


つまり囲碁棋士とは、囲碁の強い人を指す言葉ではなく、囲碁を通じて人とコミュニケーションを取ることを職業にした人です。

だから囲碁棋士の定義として、「強さ」は最優先事項ではないので、囲碁AIの進出では、囲碁棋士の仕事はなくならないのです。

総括

以上の理由から、いくら囲碁AIが強くなろうと、人が人とのコミュニケーションをやめない限り、囲碁棋士という職業は無くならないと思います。

逆に、接客業が無くなる理由は、マニュアル通りの接客をすると人らしくないという欠点があるからでしょう。

だからもし、これから「囲碁棋士囲碁ファンと接する時のマニュアル」みたいなものが出来た時は相当危ないと思いますね。まあ大丈夫でしょうが。


囲碁に限らず、これからAIが台頭してくる世の中において、人から必要とされるものは『人らしさ』ではないでしょうか。

ただ無機質にお金を稼ぐだけの仕事が消えて、人と人とが楽しんでる仕事が残っていくのではと思います。

もし本当にそうなれば、囲碁棋士は絶対消えない職業になるでしょうね。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

AlphaGo対AlphaZeroの棋譜4

こんにちは。みやれーです。


囲碁の基本的な考え方として、石は広い所へ打つものと教わってきました。

それは「幅」が広かったり、「高さ」が広かったり。
なので、逆に狭い所へ打つのは悪い手とされてきました。

例えば二線のハイは出来るだけ打たない方が良いとされ、特に序盤での二線打ちはハッキリ悪手と、異論を唱えるものはいませんでした。

しかしAlphaGoはその常識に一石を投じました。

二線に打つ考え方もある。
本当に囲碁は自由なんだと、改めて気付かされます。


黒番AlphaGo。白番AlphaZero。

実戦図1

棋譜再生

またしても似た布石で始まりましたが、今度は白が対応を変えました。
しかしそれが白10とは。
序盤からここへ打つのは、人間ならまず思い付きません。一昔前なら師匠に破門されるレベルの手。
また白14からとことん低く打ってます。これで白良しと言われたら、もうお手上げです。(笑)

実戦図2

棋譜再生

上図黒1と白石を圧迫しながら模様を広げて、黒のムードが良く見えます。
ですがいきなり白16の突入。こういう力技が得意なのでしょうか。

実戦図3

棋譜再生

上図白2~12まで。簡単におさまり形です。
黒25からの追及にも難無く生き。こんな上手く打てるものでしょうか。
左辺の黒模様は幅もあって高さもあって相当広かったのですが、AlphaZeroはまるで「広いから楽に生きられる」と言っているようです。
このあたりが序盤の狭い所へ打つ手法と関係があるのでしょうね。
相手にあえて広く構えさせる事で、中で生きるのが楽になる。
広過ぎず狭過ぎず構えられるより、めちゃめちゃ広く構えられる方が良いという事ですか。

実戦図4

棋譜再生

中央の黒地がどんどん大きくなってきました。
白の立場からすれば、どの程度まで踏み込むべきか、形勢判断力が問われる場面です。

実戦図5

棋譜再生

上図白2は一番手堅い。
大差ではないですが、白に残るようですね。
後はヨセです。

実戦図6

棋譜再生

上図のヨセは所々おかしなヨセがありますが、まあいいです。
もうほとんど終わりですが、最後にコウがあります。

実戦図7

棋譜再生

最終手まで載せました。(白68まで)

白半目勝ち。


以外と細かいです。白の緩みもあって、最後のコウを勝たないと負けの碁でした。コウダテも読み切りの半目だったとは思いますが。

この碁は序盤が面白い工夫でした。
ここまで極端に低く構える碁は珍しいでしょう。

しかしそれでも一局。碁盤の上は自由な世界が広がっているのですね。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

AlphaGo対AlphaZeroの棋譜3

こんにちは。みやれーです。


囲碁AIの特長として、ヨセでわざと損をすることがあります。

差をつけて勝っていた碁を、わざわざ半目差まで近づけたりするのです。

しかしそれで、勝敗がひっくり返るまで損をしないのがAIなのですけれど、棋譜を並べる側からすると、頭がこんがらがります。

特にAI同士の対局だと、勝ってる方はギリギリまで損をして、負けてる方はわかりにくく打つために損をして、互いに損をしながら結果半目差、という謎現象が起きるのです。

なので、AIの碁を並べる時は、ヨセはあまり深く考えないようにしています。

序盤の構想力と、中盤の戦闘力だけで、十分素晴らしいですから。

黒番AlphaGo。白番AlphaZero。

実戦図1

棋譜再生

またしても白10までは同じ布石で、黒11とハサミ方を変えてきました。
白16はおそらく新手で、中々気付かない一手。通常は37の所へとノビます。

実戦図2

棋譜再生

上図黒1に手を抜き白4。こういう大場を放置して本手を打つのは人間にはない感覚。星への両ガカリの評価が低いのでしょうね。
また、黒の5~9も独特。黒9と両ガカリするのであれば、黒5、7と白6、8の交換は無くても良い気がするのですが、乱戦に持ち込もうとの意図でしょうか。

実戦図3

棋譜再生

しかし上図白4とは厳しい。この黒の模様の中で、逆に攻める気満々の気迫がします。
詳しい事はよくわからないのですけど、実戦図3の展開なら、中央に白石を持って行きながら黒地を制限出来たので、白成功でしょう。

実戦図4

棋譜再生

上図黒3は地の損が激し過ぎるので、二路上のノゾキから打つのが普通です。
白6から左辺の黒石の目を取りに来ましたが、外との関連で死ぬ事はないです。ですが、やはり黒23と戻らされているのは辛く、白が上手く戦ってます

実戦図5

棋譜再生

上図白2は元々あった狙い。切っておけば上辺右辺と、多少のヨセが効きます。
黒17はシチョウの逃げ出しを見て先手。
白34は大きな所。
黒は下辺が大きくまとまればいいですが、スソ空きやウチコミ等が狙われていて、大きな地は見込めないです。

実戦図6

棋譜再生

上図白10が面白い手段。隅が白地になりました。が、中央の地が減っているので、見た目ほどの得ではありません。
コウが長いこと続いています。

実戦図7

棋譜再生

最終手まで載せました。(白78まで)

白中押し勝ち。


コウは結局白が勝ちました。

後はヨセでしたが、やはりぐだぐだしています。


この碁のポイントは、実戦図3の白4でしょうか。このあたりの折衝で白が有利になったのではと思います。

黒のどの手が良くなかったのかわかりませんが、僕的にはやはり実戦図2の黒5~9の石運びが疑問だったのではと思います。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

王座戦開幕!

こんにちは。みやれーです。


今日、第65期王座戦挑戦手合五番勝負が開幕しました。

井山裕太王座に一力遼七段が挑戦する今期の五番勝負。
数日前開幕した天元戦と同じ組み合わせてあり、今年の冬は天元、王座と合わせて十番をこの両者で争います。

井山王座は名人位を奪取し、二度目の七冠に返り咲いた直後であり、波に乗っていますね。


さて、今日の王座戦第1局ですが、井山王座の勝ちとなりました。

両者とも対局お疲れ様でした。


今日個人的に面白かったのが、布石が両者小目から始まりましたね。

王座戦

棋譜再生

四隅小目です。

ですが、数日前の天元戦では両者星でのスタートでした。

天元

棋譜再生

四隅星ですね。

やっぱり意識して変えたのでしょうか。
なにか、二人の波長が合ってるみたいで面白いですね。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

AlphaGo対AlphaZeroの棋譜2

こんにちは。みやれーです。

野狐に保存されている棋譜の量が、昨日の夜にドッと増えて、AlphaGoと打った碁が20局、Masterと打った碁が20局、あと自己対戦の碁が11局になりました。

合計51局。毎日ブログに上げたとしても、一ヶ月以上かかりますね。(ご褒美か悪夢か・・・)

地道に上げていきますか。

黒番AlphaGo。白番AlphaZero。

実戦図1

棋譜再生

白10までは1局目と同じですが、黒がハサミ方を変えました。
白12、14は斬新な構想。早くも見たことのない形になりました。

実戦図2

棋譜再生

上図黒1は左下隅へ打つ方が普通だと思いますが、黒は左下隅はあげるつもりのようです。見た目は大きそうですが、気前の良い打ち方です。
黒3は独特。三々に入るのは1局目のように対象されて嫌ということでしょうか。
黒5~白16は1局目と似た形ですね。お互いに自信があって打っているのかもしれません。

実戦図3

棋譜再生

上図白2から左辺に地を持って渡れたのは上手い。
地合いは白がいいので、黒は右上隅の白石を攻めてポイントを取らねばいけない状況。
なので黒11と厳しく目を取った所で、白12とは面白い着想。良い悪いはわかりませんが、相当ヨミが入ってないと怖い手ですね。
このあたりの攻防は、お互い筋が良さそうな手を打ってます。としかコメント出来ません(笑)。

実戦図4

棋譜再生

上図黒1で石は切れました、が、黒3からの一連の手はどういう事でしょう?僕にはただ取られただけに見えるのですが。
ただのミスか、意味があったのか。一応左上隅と右辺のフリカワリみたいになりましたが、白が優勢でしょう。
右上から連なる白の大石は、中央に二眼持つ手と右上に眼を作る手が見合いで生きています。

実戦図5

棋譜再生

上図白12で左下を取り切り、後はヨセですね。
淡々とヨセていて白が良いです。

実戦図6

棋譜再生

最終手まで載せました。(白96まで)

白中押し勝ち。

この碁の疑問は、何故黒が右辺を捨てたのかです。もうすでに形勢が悪いとみて、わかりにくい展開を望んだ結果なのでしょうか。

だとすると、右上隅あたりの白の打ち方が上手かったということで、実戦図3の白12は良い手だったのかもしれません。

中々思いつかない発想かと思いますが、それで良い手を打ってくるとなると、相当レベルが高いですね。

人工知能は一体どこまで強くなるのでしょう?




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

AlphaGo対AlphaZeroの棋譜

こんにちは。みやれーです。


インターネット囲碁対局サイト『野狐』にて中継されているAlphaZeroの対局を元に、棋譜を上げていこうと思います。

正直難し過ぎて、何をやっているのかわからないところもあるので、一応の感想は書きますが、解説としては拙いものかと思いますので、あらかじめご了承ください。


黒番AlphaGo。白番AlphaZero。

実戦図1

棋譜再生

AlphaGoの対局は全て中国ルールで行われています。

早速白6が今までの常識では考えられなかった手。場合の手としては打たれていましたが、序盤早々は珍しい。
また、白16も目新しい応手。軽く打とうとの意図かと思われますが、おそらく前例の無い一手です。

実戦図2

棋譜再生

上図白2は狙いの一着。白4からは人間なら気合いの応酬と表現するところですが、AIに気合いはあるのでしょうか。
白10はMasterが打ち出し流行した手法ですが、AlphaZeroも使いました。
この場合、右上の白へ両ガカリする手が気になりますが、実戦図2だと上辺の黒がスソ空きで、両ガカリの価値が低くなっているため、白20と左辺へ先着しやすくなっています。
このあたりは白上手いと感じました。

実戦図3

棋譜再生

上図黒1の三々に対し、白2~10と対応したのは新しい手法。多少つらい格好ですが、しっかりと根拠を持ちました。
また、右上も軽く見て白18と左辺へ打ったのも機敏で、面白い打ち方です。

実戦図4

棋譜再生

上図白2と左辺を囲い切り、黒は上辺を囲いました。
形勢は、僕は左辺にぽつんと置いてきぼりの黒石が辛そうで、白がやや優勢かと思いますが、どうでしょう?

中央の争いはよくわかりません。

実戦図5

棋譜再生

このあたりは小競り合いが続いていますが、中央黒模様を白が消せて、白が打ちやすいでしょう。

実戦図6

棋譜再生

上図白4はほとんど勝ちました宣言の手でしょう。
黒も左辺に手をつけてますが、中々ダメージはありません。

実戦図7

棋譜再生

左辺の黒はたくさん取られたようですが、実は上手くヨセています。
左下でコウが始まりました。昔はAIの弱点はコウだと言われていましたが、最近のAIは皆克服していますね。

実戦図8

棋譜再生

左下のコウは黒が勝ちました。しかし形勢は白勝勢です。

実戦図9

棋譜再生

最終手まで載せました。(白36まで)

白中押し勝ち。

この最終盤でコウが起きたり、変化がありましたが、結果変わらず白勝ち。
AlphaGo恒例、終盤の謎のぐだつきがあるのは、AlphaZeroも同じのようです。

結果的に、左辺の大場を白が連打出来たのが大きかったように思います。

全体的に見ても、一から自己学習したAIとはとても思えず、上手い打ち手だなぁといった印象。
僕の力では、今までのAlphaGoとどれくらい違うのかわかりません。
世界のトッププロ棋士達がどんな反応を見せるのかが楽しみです。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ

AlphaZeroが野狐で打ってる

こんにちは。みやれーです。


囲碁AI、AlphaGoの新バージョン『AlphaZero』が、中国が運営するインターネット囲碁サイト『野狐』で対局をしています。

相手は人間ではなく、おそらく古いバージョンのAlphaGoとの対局が15局中継され、今年の始めにネット上を騒がしたAlphaGo、通称Masterとの対局や、AlphaZero同士の対局が野狐にあります。

一通り見ましたが、AlphaZeroの打ち方は人間の打ち方とそう大きくはズレず、それでいてめちゃめちゃ強いです。

僕の力ではその全貌は計り知れませんが、なんとかこのブログで棋譜を上げていければと思っています。




この記事がいいと思ったら応援をよろしくお願いします。


囲碁ランキングへ